動画でスピーチトレーニング

最近の記事

VA BENEのスピーチトレーニングの特徴

Va Beneのスピーチトレーニングには、3つの特徴があります。

One on Oneのトレーニング

滑舌が悪い、声が通らない、メリハリがない、語尾が伸びる、口癖が多い・・、

など受講者はそれぞれに課題を持っています。

しかし、課題やクセに気付いてない方も少なくありません。

受講者から「自分の声の変化に驚いた」という感想を多く頂きますが、

それは課題を明確にし、身体で感覚をつかむまでトレーニングするからでしょう。

より効果的なトレーニングで結果を引き出すために

少人数限定にこだわり”One to One”で徹底的に向き合っています。

 

120%の力で「壁」を破り、自信付けを

「先生の指導は厳しい」とよく言われます。お客様の声をご参照ください)

しかし「だいたい良い、割と出来ている」と評価され、なんとなく出来たと感じる程度では、

いざという時に「再現」することは出来ません!

どんな場面でも堂々と話せるようになるためには、

「自分の声が変わった」と自覚し、自信を持つことが大切。

だからこそ、受講者には日頃の120%の力で取組むことを求めています。

そして、指導も120%の熱意で行っています。

モットーは「厳しく・楽しく」です!

 

テクニックの数値化で、客観的に

話し手と聞き手の感覚には微妙なズレがあります。

間」や「メリハリ」などのテクニックは「数値化」し、

さらに、聞き手と話し手双方の立場を体験し感覚の違いを実感したうえで、

繰り返しトレーニングを行っています。

スピーチトレーニングの最終的な目的は「セルフコントロール」

=自分の話し方を客観的に判断し修正できるようになることです。

 

 

人前で話すのは誰でも緊張するものですし、不安も感じることでしょう。

でも大丈夫!  一緒にトレーニングする仲間も同じ気持ちです。

さぁ、自分の声や話し方がどう変わるか、トレーニングしてみませんか?

 

■電子書籍も販売中!

ni5ekxmnoxfiz9e51ebq9d8tp4etv8xb

「スピーチ、プレゼンのための  説得できる話し方  ~5つのコツと練習法~」

Website “Fastbook”よりダウンロード ¥460(税別)

Pdf版ですので、専用端末は必要ありません。

スマホで手軽に読んでいただけます!

 

 

■受講された方の声  ほかのお客様の感想コメントはコチラです。

動画でスピーチトレーニング

  1. 滑舌良く話すには

    スピーチトレーニングは、いつもこんな風に行っています。 ぜひ、ご一緒にトレーニングしてみませんか?

  2. 話の組み立て方

    わかりやすく印象に残る話し方を身につけましょう! 内容構成、話のテンポ、間の取り方など覚えておきたいコツをご紹介します。

  3. 間の取り方

    3種類の間の取り方を覚えましょう! 間をとりながら話すことで、話のリズムをコントロール。間の使い分けのコツをご紹介し­ます。

ページ上部へ戻る